雨の日やプールに行けない日はチューブトレーニングがおすすめ

この日の宮古島は、台風が近づいてきており、すでに暴風域に入り夜中にかけて大荒れの天気になりそうです。
当然、海でのスイム練習はできないですし、暴風警報が出るとプールもお休みになってしまします。

なんとかスイムの練習や感覚を維持したい、と考えた時におすすめしたいのがチューブによるストロークの練習です。

僕が普段使用しているチューブはこれ

手につけるとこんな感じです

どこのメーカーのチューブだったか忘れてしましましたが、いろいろな強度のチューブがありますので、自分に合ったものを使ってみてください。
最初はチューブが伸びやすい軽めの強度のものを選んだ方がいいかもしれません。
強度が高いチューブだと、チューブが伸びなくてキャッチからプルまでの動作が出来ない場合があります。
なにより肩を痛める可能性もありますからね。

チューブトレーニングのいい所は、筋力強化による力強いストロークができるようになる、ということもありますが、
他にも、正確なストローク動作を学習することができる、ということがあります。
普段泳ぎながらだと、キックや姿勢、呼吸動作など気をつけなければならないことがたくさんあります。
正しいストローク動作を身につけたいのであれば、鏡をみながらチューブトレーニングをすることは効果的だと考えています。
力強いストロークという点については、重いチューブを引くことで、広背筋や大胸筋など大きな筋肉を使う感覚が身についてきます。

以前通っていたトライアスロンスクールのコーチ(競泳インカレ出場)に、チューブトレーニングやったら速くなるよ、と言われたのを覚えています。

実際、チューブでストローク動作を練習しておくと、水中の方が軽く腕を動かせるので、以前より楽に綺麗にストローク動作が出来るようになった気がします。

 

以下、正しいチューブトレーニングの動作が確認できる動画を探して載せてみました。

 

他にも自分で考えたチューブトレーニング方法もありますが、またいつか動画を撮って紹介したいと思います。

 

 

ちゃちゃ
人気記事ランキングも見てね