トライアスロンレースと自転車競技レースの違いは?

トライアスロンレースと自転車競技レースの違いは?

自分が住んでいる宮古島には、自転車のレースがあります。

それはツール・ド・宮古島.。
そこで、自転車のレースについて気になったことを書いていきます。

自転車のレースは、トライアスロンのレースとどのような違いがあるのだろうか?

まず、トライアスロンのバイクはドラフティングが禁止。

自転車の後にマラソンがある。

このため、基本的には、一人で最後まで一定のペースで走ることが多くなると思います。

この感覚で、自転車競技のレースに出ると、大やけどをすることになりそうです。

自転車競技のレースで大事なことは先頭集団から落ちこぼれないように、多少苦しくても頑張る!
という事。

だから、集団走行に練習で慣れる、という事が大事です

トライアスリートって一人で走ることが多いし、
なんとなく、人の後ろに付いて走るのって、ズルしてるような気がして
しまうのは気のせいでしょか?

自転車競技のレースのために、練習しておいたほうが良いことは

・ドラフティング

・先頭交代

・スプリントトレーニング

ドラフティングでは前走者との間を30cm。
前方の転倒などトラブルに備えて、集団の中で自分の位置を確保。
急ブレーキ禁止。
集団のペースが落ちないように、先頭交代を繰り返す。
このときのタイミングや合図を身に着ける。
あとは走行中のかけひきや、ゴール前のラストスパートで勝負するためのトレーニング。

なかなか、普段一人で練習することが多いトライアスリートには難しい練習ばかりですね。

自転車競技のレースで完走するのが目標なら、そこまで考えなくてもいいかもしれませんが、
勝負したい、勝ちたい、いい成績を残したい、と考えているのであれば、
トライアスロンとは違う意識でトレーニングする必要がありそうです。

 

ちゃちゃ
人気記事ランキングも見てね

ABOUTこの記事をかいた人

大分県生まれ。鍼灸師。明治国際医療大学卒。2015年、沖縄県宮古島へ移住。トライアスリート憧れの南の島で、日々トライアスロントレーニングを楽しんでいます。