日本人トライアスリートが世界で活躍するためには?

日本人トライアスリートが世界で活躍するためには?

ずいぶん前、世界のトップトライアスリートと、アメリカのトライアスロン誌の編集長が
日本人トライアスリートについて語っていました。

「日本の選手は、まだまだ、世界のトップレベルにあるとは言えない」
「しかし、高いポテンシャルとしては、世界のトップレベルになれる可能性は持っている」
「日本人トライアスリートに最も必要な事は、海外のレースで実践経験を積む事」

こんな風に語っていました。

特に、海外のレースに出ることが重要だと言っています。

なぜ海外なのか?

世界のトップを目指すには、日本のレースはレベルが高いとは言えない、
トップを目指すのであれば、今の自分よりレベルが高いかな、と思うようなレースに出場する必要があります。

そのためには、アメリカやヨーロッパのレースや、冬はオーストラリアのレースに
数多く出場し、高いレベルでの実践経験を積まなければなりません。

そうではないレースで優勝できたとしても、実際には、知らず知らずのうちに
レース中でのペースは落ちており、それに体が慣れてしまいます。

まわりのレベルが低ければ、たとえ一番になったとしても、自分はその環境に慣れてしまって成長できていない、
もしくは、減退してしまっている可能性があるって事なんですね。

こういう経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

スポーツに限らず、学業や仕事、様々な場面で言えることだと思います。

だから、大会にエントリーする際は、ちょっと背伸びして、自分にはちょっと厳しいか?
と思うような大会に挑戦していく事が大事になります。

日本人トライアスリートの皆さん、世界にも挑戦しよう。

 

ちゃちゃ
人気記事ランキングも見てね

ABOUTこの記事をかいた人

大分県生まれ。鍼灸師。明治国際医療大学卒。2015年、沖縄県宮古島へ移住。トライアスリート憧れの南の島で、日々トライアスロントレーニングを楽しんでいます。