トレッドミルでのランニング強度を実際の屋外で走る強度に近づけるためには?

トレッドミルを活用したランニングトレーニングをしていますか?

トレッドミルと実際のランニングは違う、と考えている人はいるかもしれません。

僕の場合はよくトレッドミルで走ることがあります。
自然豊かで気持ちいい宮古島に住んでいますが、屋外で走らず、あえてトレッドミルを使うことが多くあります。

その理由は、まずはとにかく暑い、ということ。日差しが強く湿度も高いため、体に熱がこもりやすく、ペースがどんどん落ちてしまいます。

そして、宮古島は雨が多い、ということも理由の1つです。

これらの理由は環境によるものですが、もう1つ大きな理由は、強度をコントロールできる、という事です。
だから、天気がよく涼しい日でもトレッドミルで走ることもあります。

プロトライアスリートのライオネル・サンダースもトレッドミルで走って以前世界記録を出していますね。
こちらに詳しくあります。
ほぼインドア練習でIRONMAN世界最速をマークした男

そこでトレッドミルで走っていて気になったことは「トレッドミルで走っている時の強度を屋外で実際に走っているときの強度にちかづけるには?」ということです。

屋外で走る場合は風による空気抵抗ありますよね。それによって同じスピードでも屋外で走る時の方が強度が大きくなります。

このことについて、ダニエルズのランニングフォーミュラという本に書いているので紹介します。

2%の勾配をつけることで屋外でのランニングと同じになる

トレッドミルでのランニングの方が、屋外でのランニングよりも楽に同じペースで走る事ができます。

屋外でたとえ無風であっても、前に進めばそのスピードの分の風の抵抗を受けます。
トレッドミルではこのような抵抗はないですからね。

そこで、ダニエルズのランニングフォーミュラには次のようにあります。

トレッドミルに2%の勾配をつけてみよう。そうすると、風のない穏やかな日に同じ速度で屋外を走るのと同等の強度になる

引用:ダニエルズのランニング・フォーミュラ

つまり、トレッドミルミルで2%の勾配をつけて、5:00分/kmのペースで走れば、実際のランニングでも5:00分/kmのペースで走れるということですね。

トレッドミルでの速度と勾配による強度の組み合わせ方はもっと詳しく書かれているので、またわかりやすく紹介したいと思います。

 

ちゃちゃ
人気記事ランキングも見てね