「美しいクロール」と言われるTIスイムとはどんなものだろう?

TIスイムって聞いたことありますか?

たまにトライアスロンの雑誌では出てくる言葉です。トライアスリートにも人気があるようです。

TIスイムとはどんなものなのか。
実際やってみた感想などを紹介していきます。

TIスイムとは

トータル・イマージョン・スイム」のこと。

TIスイム創始者のテリー・ラクリンが、スイマーのクーリングダウンなどで
リラックスして泳いでいる姿を参考にして作り上げました。

TIスイムの特徴は

激しいキックも力強いストロークもなしにスムーズに進むスイムがTIスイムです。

 

TIスイムを身につけるためには

特に重要視している事は、「感覚」です。
その「感覚」とは
①リラックス感
②前のめり感
③安定感
④なめらか感
⑤滑り感
⑥加速感
⑦水抱え感

この感覚を身につけるための練習を行うことで、1000mをラクに泳げるになります。

TIスイム習得のドリル方法

どのようにして、先ほどの7つの感覚を身につけ、楽に美しく泳げるようになるのか。
そのためのドリルをいくつか紹介します。

・倒れ込み+床蹴り
・両手伸ばしグライド
・倒れ込みスケーティング
・倒れ込み片手スイッチ
・倒れ込み両手スイッチ
・スイングスケート
・斜め姿勢のバタ足

このようなドリルを行うことで、「うつくしいクロール」TIスイムを身につけて行きます。
おそらく、どのドリルもあまり聞いたことないものだと思います。
ですので、言葉で説明してうまくイメージしてもらうのが難しいです。

しかし、このドリルのどれもが、バタバタキックしたり、力強く苦しくなるような動きではありません。
ゆったりとリラックスしたTIスイムの「感覚」を身につけるための練習です。

このドリルは
竹内慎司 監修 「うつくしいクロール」にあります。

そして、書籍の中に書かれているQRコードを読み込むことで、
すべてのドリルの動きを動画でみることができます。

TIスイムについての感想

まず「うつくしいクロール」という書籍について。

・まず、本の表紙が綺麗。少しキラキラして立体的になってます。手にとってみればわかります

・すべてのドリルが動画つき。これには驚きました。QRコードを載せており、それを読み込むことで動画がみれ、読み込んでおけば、いつでも動画見れます。

このアイデアには感心しました。
よくDVD付きの書籍とかありますが、セットするのが面倒で見ないままにすることはありませんか?
このQRコードで動画を見る方法なら楽にできますし、動画を見ることでドリルの動作もイメージしやすくなります。

TIスイムのドリル内容について

ドリルの内容は、楽です。
疲れるようなドリルはないように感じました。
ただ、簡単ではなかったです。
特にトライアスリートにとって、リラックスする感覚や、浮く感覚というのは難しく感じると思います。

でも、練習を続けていると、僕の場合は蹴伸びの距離が少しだけ伸びました。
そして、クロールの時の「前のめり感」
というのは、なんとなくわかるようになりました。
その結果、下半身も少し沈みづらくなったように感じます。

まとめ

この「うつくしいクロール」という書籍の中にある練習を実践することで、
「短距離を速く泳ぐという目的にも、そのままあてはまります」引用
とあります。

ただ、自分が感じた事を率直に言うと、
波がある時の海や、ヘッドアップやスピードアップを繰り返す海でのレースでは使えないかな、と感じました。

ただ、楽に泳げるようになる、という目的の場合、TIスイムはおすすめです。

スイムが苦手な初心者の場合、TIスイムから取り組んでみても良いでしょう。
広告