僕が普段スイム練習でフィンを使う意味・目的

先日、海でのスイム練習でフィンを使って練習をやりました。
やはり、フィンを使う事はキック力強化以外にも、いろんな効果があるように感じました。

8月31日、午前7時半ごろ、宮古島前浜ビーチでの練習の様子です。
フィンを使って泳いでいます。
この日は風や波もほとんどなく、海は穏やかで温かく泳ぎやすかったです。

 

そこで今回は、僕がフィンを使う事をおすすめする理由を紹介していきます。

フィンとは何か?

皆さんはフィンを使ったことがありますか?
おそらくスイミングスクールなどに通っていない人は、フィンを使ったことがない人が多いのではないでょうか。

フィンとは足に装着するヒレのようなものです。
ちなみに僕が使っているものはこれです。

黄色と黒のカラーがおしゃれで気に入っています。

その他スイムアイテムが気になる方はこちら
水泳が苦手な人がそろえたいトレーニングアイテム

フィンを使うことの効果

一般的に言われていることは

キック力を強化できる
足首の柔軟性が向上する

という事です。

①フィンをつける事によって、水を捉える面積が多くなるため、当然足にかかる負担は大きくなり重くなります。そのため。脚全体の筋力強化になります。
しかし、膝を曲げ伸ばししてキックをする癖がついている人は、大腿四頭筋ばかり負荷がかかってしまい、効率の悪いキックになってしまいます。
股関節から動かし、膝はそれに合わせて軽く曲がる程度を意識します。

②フィンをつけると、キックを打ち下ろす際、水を捉える面積が大きいため、足首にかかる負担も大きくなります。
これにより足首が強制的に底屈され(伸ばされ)ます。
足首の柔軟性が上がることで、水を捉えられる面積も大きくなり、効率よく水を後ろ方向へ押すことが出来ます。

 

僕が考えるフィンを使うことの意味

フィンを使って練習していく中で、僕が個人的に感じた「フィンを使う事の意味、目的」
を紹介します。
ただ、これが正しいかはわかりません。
かなり個人的な見解ですので、ちょっと参考にする程度に見ていってやってください。

フィンを使う事の意味・目的

①大腰筋、大殿筋を意識したキックの練習ができる
キックをするときの動作は、股関節が中心になります。
この股関節を動かす筋肉はどの筋肉を意識すべきか?というと「大腰筋」と「大殿筋」
だと考えています。
「大腰筋」は腰の背骨から股関節の内側に付いている筋肉。
「大殿筋」お尻の大きな筋肉。

クロールで言えば、キックを打ち下ろす際に「大腰筋」を使って
蹴り上げる際に「大殿筋」を使います。

この股関節や体幹に近い筋肉を意識して使うことで、脚全体の筋肉は脱力することができ、
スムーズで滑らかなキックを目指すことができます。

フィンを使う時にイメージすることは、「膝から下は全部フィン・ひれ」ということ。
股関節の「大腰筋」「大殿筋」を使って、太ももを少し上下させるようにキックします。

大腰筋についてはこちらにも詳しくあります
トライアスリートこそ意識したい大腰筋

②「腹→キック→プル」の意識の流れができる
股関節を使って、力強いキックをするためには、体幹の強さが必要です。
体幹に力が入っていないと、キックをした際に反動で体の軸がぶれてしまします。

フィンを使うと、脚の負荷が大きくなるので、自然と(股関節まわりの筋肉に)力が入ったキックになります。
フィンで捉える水の重さで、体幹がぶれないようにするために、
まずは、腹を意識して、キックをします。
腹を意識する事は、一番奥にある「大腰筋」も意識することに繋がります。
それが、「大腰筋」を意識したキックにも繋がります。

この「腹→キック」の意識の流れや体の動き合わせて「プル」を行います。

 

③速いスピードでの泳ぎを、脳に覚えさせることができる
速く泳げるようになりたい、と思ったら、速く泳いでいる時の感覚や体の動きを
脳に覚えさせる必要もあると考えています。

そのために、速い泳ぎのスピード感覚を体感するのが良いです。

フィンをつけ、普段では出せない泳スピードを出すことによって、脳や神経に
その時の体の動きや感覚を覚えさせます。

ランニングでも、追い風や、下り坂を使って、速く走る動きを身につけたりしますよね。

このようにして、速い泳ぎの動きを身につける方法もあると考えています。

まとめ

フィンを使うことの意味や効果を紹介していきましたが、
僕が勝手に感じたこと、考えたことが多くなっていますので、あまり参考にならないかも
しれません。

でも、フィンを使う事で、練習のバリエーションが増え、スイムの練習が楽しくなります。
ぜひ活用してみてください。

クロールについてはこちらもよく読まれています
【保存版】クロールが速くなるために見つけた19のポイント

 

ちゃちゃ
人気記事ランキングも見てね

ABOUTこの記事をかいた人

大分県生まれ。鍼灸師。明治国際医療大学卒。2015年、沖縄県宮古島へ移住。トライアスリート憧れの南の島で、日々トライアスロントレーニングを楽しんでいます。