スコットティンリーが主に毎日食べていたもの

デイブ・スコットやマークアレンと並び「世界の4強」と呼ばれていた

スコット・ティンリー。

トライアスロン、ハワイアイアンマンで2度の優勝。

彼の食事学について紹介したいと思います。

スコットティンリーが主に毎日食べていたもの

野菜、米、豆、ポテト、小麦ふすま、胚芽入りのパン、フルーツ。

これらを多く食べていたそうです。

肉類は食べてないんですねー。

レース中に食べるものはバナナと干したイチジク。

デイブスコットもバナナとイチジクが好物との事。

レース中の給水は、ほとんどだけ。

世界の王者となるような選手は、普段だけでなく、レース中も

あまり砂糖を摂らないんですね!

あとは、レース当日の朝は何も食べないとか。

ほんと食事についても、いろいろな考え方、やり方があるんですね。

中にはなんでも好き嫌いせずに、好きなものを好きなだけ食べる、という
トライアスリートの方もいます。

もちろんそれでも結果を出しているトライアスリートの方もいます。

だだそれでも、自分の能力を最高に発揮できる食べ方、食べ物は何か?という事を
考えてみることは、さらなる速さ強さの向上に繋がる方法の1つになると思います。

ん~~、とは言っても、なかなか砂糖がやめられない・・・・。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
こちらを押して頂けると、ブログランキングの順位が上がります。
頑張っていい情報を提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です