トライアスロン

スコットティンリーが主に毎日食べていたもの

デイブ・スコットやマークアレンと並び「世界の4強」と呼ばれていた

スコット・ティンリー。

トライアスロン、ハワイアイアンマンで2度の優勝。

彼の食事学について紹介したいと思います。

スコットティンリーが主に毎日食べていたもの

野菜、米、豆、ポテト、小麦ふすま、胚芽入りのパン、フルーツ。

これらを多く食べていたそうです。

肉類は食べてないんですねー。

レース中に食べるものはバナナと干したイチジク。

デイブスコットもバナナとイチジクが好物との事。

レース中の給水は、ほとんどだけ。

世界の王者となるような選手は、普段だけでなく、レース中も

あまり砂糖を摂らないんですね!

あとは、レース当日の朝は何も食べないとか。

ほんと食事についても、いろいろな考え方、やり方があるんですね。

中にはなんでも好き嫌いせずに、好きなものを好きなだけ食べる、という
トライアスリートの方もいます。

もちろんそれでも結果を出しているトライアスリートの方もいます。

だだそれでも、自分の能力を最高に発揮できる食べ方、食べ物は何か?という事を
考えてみることは、さらなる速さ強さの向上に繋がる方法の1つになると思います。

ん~~、とは言っても、なかなか砂糖がやめられない・・・・。

こんな問題を抱えてませんか?

  • タイムが伸びずどうしていいか分からない
  • マスターズの大会で記録をもっと伸ばしたいものの
  • どうしたらいいか分からない
  • 自分の泳ぎのフォームが悪くていまいちしっくりこない
  • 子供のタイムが伸び悩んでいる
  • 子供がなかなかJOC標準記録を突破できない

間違った練習は時間がもったいないだけではありません。

間違ったフォームを体が覚えてしまい、修正する事が難しくなってしまいます。

少しでも泳ぎに悩みがあるなら、森隆弘コーチの「水泳スピードアップ!プログラム」を参考にしてみてください。


先着150名様限定で、半額の50%OFF、とのことです。
キャンペーン価格をご希望の方は、お早めにご検討ください。