アンチエイジング

CBD製品はスキンケアにどのような効果があるのか?

あなたが美容や美容製品に興味があり、最新のトレンドに注目しているのであれば、最近CBD関連の製品が増えている事に気付いているかもしれません。

CBDオイルやCBDクリームなど様々な美容製品が多くの雑誌で取り上げられていますね。

さて、これらの製品がスキンケアに本当に効果があるのか?どのような効果がらあろのか?気になるところですよね。
CBDの成分を含む製品がどのような効果があるのかみていきたいと思います。

CBDとは?

まず、この「CBD」とは何か?

CBDとは大麻に含まれている成分です。
カンナビジオールといいます。

大麻って違法じゃないの??

と思われるかもしれませんが、
日本の百貨店やデパートでも売られているものなので
もちろん違法ではありません。
女性誌でも多く取り上げられていますね。

引用:エリクシノール社 ホームページより

他にもヘンプシードオイルなど普通にスーパーに売られている物も
大麻ですね。

あと七味唐辛子にも大麻の種が入っていますね。

大麻の「茎」や「種」は
日常生活のなかで多く使われています。

反対に「葉」や「穂」の部分は完全に違法になりますので
日本では使う事ができません。

日本での大麻についての「合法」「違法」については
また別の機会に紹介していきます。

話を戻しますが、
「CBD」は大麻の「茎」や「種」から取れたもののみが、
日本に輸入され、デパートやネットで売られています。

ネットで売られているものは少し注意が必要かもしれません。
このことはまた別の機会に。
(CBDや大麻については伝えたい情報が多すぎるので)

で、この「CBD」という身体によい成分が含まれた
「オイル」や「クリーム」が都会のデパートで並べられ
女性誌で取り上げられて、急激に人気が高まってきています。

「#cbdオイル」とインスタグラムで検索すれば
多くの投稿がでてきますね。

この注目されている「CBD」には次のような効能があると
考えられています。

①不安を和らげ、リラックスすることができる

②炎症を緩和し、鎮痛作用がある

③免疫システムのバランスを整える

④発作作用を抑制する
アメリカではてんかんの発作にCBDが有効だと考えられ、
研究が進られています。

⑤神経細胞を保護する
アルツハイマー病、多発性硬化症、パーキンソン病
脳卒中などの神経変性疾患を悪化させる炎症を抑制する効果が
期待されています。

まだまだ多くの効果が期待されているCBDですが、
日本では、リラックスできることや、抗炎症作用、抗酸化作用、鎮痛作用を
期待して「CBDオイル」を取り入れている人がほとんどだと思います。

世界では大麻を「医療大麻」として利用、研究が進んでいますが、
日本では健康食品、美容製品といった扱いになっていますので、
世界で売られている「大麻製品」ほど医療効果は期待できませんが、
日本で手に入る「CBDオイル」でも
「リラックスできる」
「良く眠れるようになった」
といった声が多くあるようです。

スキンケアという点ではどうなのか?

皮膚および美容製品におけるCBDの最も重要な用途の1つは、皮膚の発赤の出現を減らすということです。

CBDが効果的と言われているものは

・アレルギー
・湿疹
・皮膚炎
・ニキビ

もし、炎症性の肌トラブル、発赤に悩んでいるのであれば、成分リストにCBDを含む肌用のオイルを試してみてもいいかもしれません。

肌を保護し、若返りさせたい
そんな場合もCBDオイルが良いかもです。

まず、ビタミンAが含まれているため、シワやたるみを軽減したり、紫外線からダメージを保護する効果が期待されています。

また、CBDは抗酸化作用を持つビタミンEを含むため、老化を加速させるフリーラジカルを抑えてくれます

乾燥肌の場合、肌に潤いを与える

CBDには必須脂肪酸を含むため、肌表面のバリアを保護し、肌の水分がなくなるのを防いでくれて、肌細胞の水分量を保ってくれます。

CBD以外の成分も体に良さそう!?

CBDという成分は油にしか溶けないので、
何かしらの油に溶かして、オイルとして利用します。

もっとも知名度の高い「エリクシノール」社のCBDオイルは
次のようになってます。

原材料名は「食用ココナッツオイル」「食用麻の実油」となっていますね。
CBDとは書かれていませんが、この中に300㎎のCBDが含まれています。

その他にも、オリーブオイルが使われているCBDオイルもあります。

ではエリクシノール社のこのCBDオイルに含まれているこの2つの油には
どのような効能があるのか?

<ココナッツオイルの効能>
中鎖脂肪酸はすぐにエネルギーになりやすく、ダイエットに効果的
老廃物を外に出すデトックス作用、便秘解消効果が期待
糖尿病の予防・改善になる
体内に侵入してくる病原菌を退治してくれる抗菌作用
痛みの原因となる炎症を抑える抗炎症作用
紫外線による酸化から肌を守って、シワや美白に効果的
認知症・アルツハイマーの予防・改善

<麻の実油(ヘンプシードオイル)の効能>
アトピー性皮膚炎の改善
免疫力系の強化
認知症やうつなどの改善
動脈硬化や脳梗塞の予防
脂肪を燃焼させダイエット効果
保湿作用があり乾燥した皮膚や髪に潤いを与える
酸化を防ぎアンチエイジング

上記のような効能が期待されています。

 

どのような製品を探せばいいか?

最近では、駅ナカのデパートや百貨店でCBD関連の製品が並ぶようになりました。

先日、川崎駅のアトレというデパートに行った時、健康食品・美容製品が並ぶお店で、一番目立つ所にCBDオイルやクリームが置かれていてビックリしました。

都会にいる場合、CBD入りの製品を手にする事ができると思いますので、成分リストの中に「カンナビジオール」という成分が入っているか確認してみてください。
それがCBDです。

そしてできれば、飲むCBDオイルと塗るCBDオイル・クリームを一緒に試してみることをおすすめします。体の内側と外側からアプローチすることで、より大きな効果が期待されます。

最後に、肌にトラブルを抱える方は、CBDの使用について主治医または皮膚科医に相談することが重要です。

CBDの使用に伴う副作用はほとんどないようですが、CBDと相互作用することが心配される薬もあるようです。

CBDを含むオイルやクリームは医薬品ではなく、健康食品・サプリメント扱いになりますので、CBDオイルの製品に効果・効能が表記されていることはありません。

どういうことかわかりやすく例えると、

ビタミンCには免疫力の向上と風邪を予防の効果がある。

ビタミンCには体の老化を防ぐ、アンチエイジング効果がある。

このようにビタミンCの効果・効能はよく知られていますが、
「ビタミンCサプリメント」となると薬ではないので、上記のような効果効能を表記することができません。

CBDも同じで、CBD成分自体の効果効能は研究によりいろいろとわかってきましたが、「CBDオイル」となると医薬品・薬ではないため、効果効能は書かれていません。

最近、女性ファッション誌の美容特集などでCBDオイルが取り上げられていますが、「炎症抑える」「アレルギーに効果的」などと言ったことは一切取り上げられていません。

書いてあるのは、「リラックスできる」とか「イライラする時に飲んでいる」ぐらいの内容です。

これだと、あんまりCBDが美容やスキンケアに効果があることがわからないですよね。

「CBDにはどんな良いことがあるのか」という事についてはまだまだ認知が低いですが、自分も勉強しながら多くの人に伝えていければと思っています。