腰が落ちたランニングフォームはケガしやすい⁉

普段、自分のランニングフォームを意識する事はありますか?
ジムなどで鏡を見ながらのトレッドミルでのランニングや誰かに撮影してもらうなどしないと、なかなか自分のランニングフォームを見ることはできないと思います。

ランニングのフォームでよく言われる事で、マラソン終盤など疲れてくると腰が落ちる、ということを聞いたことがある人もいますよね。
また、腰が落ちたままの良くないフォームでランニングしてるからケガを繰り返しやすい、という事もよく言われます。

腰が落ちたランニングフォームとは?
腰が落ちるとどうなるのか?ということを説明していきます。

腰が落ちたランニングフォームとは?

まず腰が落ちた姿勢とは、骨盤が後傾した姿勢です。
お尻が落ちて背中が丸まったようなランニングフォームですね。
ストライドも小さくなり、小走りのようになります。

腰が落ちるとどうなるのか?

この骨盤が落ちた姿勢でのランニングは股関節をしっかり伸展することができません。
どういうことかと言うと、脚が地面を蹴った後、後ろに伸びないということです。
ランニング中、脚を後ろに伸ばせばいいということではありませんが、脚が身体の後ろに伸びていないという事は、身体の前側ばかりで脚が動いているということです。
これが何が問題かと言うと、股関節のお尻の筋肉が使えずに、膝や足首ばかりを使って身体を前に運ぶ動きになってしまいます。
つまり、もも裏のハムストリングや、ふくらはぎの下腿三頭筋などに負担が大きくなって、肉離れの原因にもなります。

そして、もうひとつ。
腰が落ちる(後傾する)と、太ももの前の筋肉、大腿四頭筋に引っ張られるようなストレスがかかります。(骨盤の後傾を制御するために)
そうすると、大腿四頭筋の停止部である膝の前面部に負荷がかかり、膝の痛みの原因にもなります。

肉離れなど筋肉の痛みや膝の前側の痛みを繰り返している方は、骨盤を意識したランニングフォームの改善に取り組んでみてもいいかもしれません。

腰が落ちるのを防ぐにはどうすればいいか?

骨盤の後傾を防ぐためには、腹横筋腸腰筋を使えるようにする必要があります。

またわかりやすく紹介していきたいと思いますので、少しお待ちくださいね。

この日のトレーニング
bike:ローラー1時間30分
run:トレッドミル1時間