ロードバイクは進化していくけど、本当に速くなってるの?

 僕の普段のロードバイクトレーニングコースは
前浜ビーチから東平安名崎までを往復する
アップダウンのあるコースです。

 トレーニング中、

「もっと軽いロードバイクだったら楽に坂を登れるんかな?」

「もっと高いホイールだったら楽にスピードを維持できるんかな?」

と雑念を持ちながらトレーニングしている時もあります。
そこで思った事は、

「毎年のように最新のロードバイクやTTバイク、ホイールとかが

出てきよるんやから、昔と比べたら、かなり速くなってるんやろうな」

 そこで、今僕が住んでいる宮古島で開催されているトライアスロン大会の、
自転車競技のタイムがどれくらい速くなっているのか調べてみました。

 宮古島トライアスロンの自転車競技のタイム

 宮古島トライアスロンのホームページに過去の記録が残っているので
それを参考にしていきました。

ただ、2001年より前の大会の詳しい記録は載っていなかったです。
各年、自転車競技のタイム1位の選手だけまとめました。

2001  155km
総合3 宮塚 英也  37 

 4:04:52

 

2002  155km
総合2  宮塚 英也  38  

4:11:43

 

2003 155km
総合3  Garrett MacFadyen  36 カナダ

 3:55:17

 

2004 155km
総合2 Mitchell Anderson  28 オーストラリア

 4:02:47

 

2005 155km
総合2 Park Byung-Hoon  33 韓国

 4:09:18

 

2006 155
総合3  松丸 真幸 31

 4:07:55

 

2007 155
総合1 Park Byung-Hoon  35 韓国 

 4:02:59

 

2008 155
総合4  Clemens Coenen  29 ドイツ 

4:05:43

 

2009 155
総合1 Mitchell Anderson 33  オーストラリア 

 3:54:02

 

2010 155
総合5  Timothy Marr 31  アメリカ 

4:12:21

 

2011 155
総合20 Eneko Elosegui 27  スペイン 

4:02:00

 

2012 155
総合11 Park ByungHoon 39  韓国

 4:00:52

 

2013 155 第1ランのタイム含む
総合6  Matt Burton 25  オーストラリア

4:31:17 

 

2014年 155
総合1  Benjamin Williams 30  アメリカ

4:04:37

 

2015年 157㎞ 第1ランのタイム含む
総合4 Benjamin Williams 31  アメリカ

 4:40:18

 

2016年 157
総合1位 戸原開人 27  

41019 

 

2017年 157
総合1  Cameron Brown 44  ニュージーランド 

 4:05:26 

 

そして、

自転車競技が155kmになったのは、1991年の第7回大会から。
コースが同じだったかはわかりませんが、
この年の記録が「トライアスロンJAPAN」という雑誌に載っていました。

 

1991年 155km
総合1位 PAUL HUDDLE (ポール・ハドル)  

 4:04:07

総合2位 宮塚英也 

4:04:58

 

すごく速くなってる・・・でしょうか?

どうでしょうか?
過去の宮古島トライアスロン大会の自転車競技の記録を並べてみましたが、
2009年の3時間54が一番速いみたいですね。
コースの違いや、天候の影響などもあるかもしれませんが。

 で、すごく速くなっているか?というと
そうでもないですよね。
意外でした。

ロードバイクやTTバイクは昔に比べれば軽くなってるだろうし、
最新の技術を積み重ねてきているだろうし。
なぜでしょう?

トップ選手になるほど、ロードバイクやTTバイクが進化しても、
タイムはそれほど変わらないのでしょうか?

 まとめ

 今回調べた宮古島トライアスロン大会の結果だけで見てみると、

「ロードバイクが進化しても、タイムは速くなってない

という事になりますね。

 トライアスロンですので、最後のランに備えて体力を温存しているから
このような結果になったのかもしれません。

よし。機材に頼らず、

もっともっと体を鍛えよう!

 

 

ちゃちゃ
人気記事ランキングも見てね