初心者のためのロードバイクの選び方~レースにでるなら20万ぐらい。

 ロードバイクに興味をもったけど、購入するのに躊躇してしまう理由として

 ・ロードバイクって値段が高いんでしょ!?

初心者に合ったロードバイクの選び方がわからない

という事がありますよね。

 この記事では、ロードバイクの選び方で、これさえ押さえとけば
大丈夫、という事を説明していきます。

 ロードバイクの予算は20万円

 もう、はじめから、予算の話をしていきます。

いきなりお金の話?

もっといろいろ、ロードバイクの種類とかランクとか知ってから、自分に合った
ロードバイクを考えて予算を決めるんじゃないの?って思うかもしれませんが、

ロードバイクの選び方として、初めて買う初心者の人が最初に決めないといけないことは、

・どんなふうに使うか?
・予算はいくらまで出せるか?

どんなふうに使うか?という事は、レースに出場するためなので決まってますね。
(勝手に決めちゃいましたが)

 あとは、予算をいくらまで出せるか?という事です。
ロードバイクのことを知らない初心者の人は、
ロードバイクの値段はいくらぐらいなのか、
想像がつかないです。

 でも、これがある程度決まらないと、自転車屋さんに行ってもなかなか話が進まないです。
なぜならロードバイクの値段って、約10万~100万ぐらいまでありますしね。

だから、

・レースでも使いたい
・予算はいくらまで

 という事が決まってて、自転車屋さんに行くと店員さんが、
初心者におすすめのロードバイクを、紹介してくれるでしょう。

 で、話は戻りますが、
なぜ、20万なのか?

それは、レースで使っても十分なパーツや部品、機能がついているロードバイクが
だいたい20万円前後ぐらいからになるからです。
その部品というものが、コンポーネントと呼ばれているもので、ロードバイクの
選び方に重要となってきます。

 コンポーネントとは?

ロードバイクはいろいろな部品を合わせて構成されています。
それらの部品のうち、セットになっているパーツ群をコンポ(コンポーネント)と呼びます。

 簡単に言うと、ブレーキとかギアを変える変速機とかの部品ですね。

 変速機とは、ママチャリとかにもある坂道を登ったりする時に、漕ぎやすいように
ギアを軽くしますよね。あれです。

この変速機がある程度いいモノじゃないとレースで使いづらいですし、
他の部品とも合わせづらくなります。

 コンポーネントの種類は?

 ブレーキや変速機などに使われているコンポーネントにも
種類やランクがいろいろとありあます。
もちろん、値段もかなり違いますね。

 まず、選び方の結論から言うと、
105」という名前のコンポーネントを選ぶ、という事です。

 これは「シマノ」という日本の会社が作っているコンポーネントになります。
この中でも、コンポーネントにはランクがあります。

ランクが高く値段も高いものから並べると

DURA-ACE (デュラエース)
Ultegra (アルテグラ)
・105 (イチマルゴ)
Tiagra (ティアグラ)
Sora (ソラ)

これがコンポーネントの名前になりますが
上に行くほど良い物になります。

 初心者のロードバイクの選び方としては、
この105
という文字が変速機に書かれているロードバイクをみつけるのが良いでしょう。

参考画像

 

出典:TREK

 で、このコンポーネントが使われているロードバイクの値段が、
20万前後からになります。

コンポーネントによって何が違うかというと、

例えば、坂道とかで、変速機を使ってギアを軽くするとき、
ランクが低いコンポーネントだと

ガチャ!って感じで

ランクが高いものだと

スルッ

っと軽く切り替わる感じです。

 レースではこの差は大きいです。ストレスが違います。

 どんなロードバイクがあるの?

 ここでは、「トレック」という有名なブランドのロードバイクを例に
値段やコンポーネントの違いを紹介します。

 まずこれが一番安いロードバイク。

 

出典:TREK

TREK1.1
値段:93,000 

 

 次はこれ。

出典:TREK

 トレック1.2
値段:118,000
コンポ:「Sora」

 

そして20万前後のロードバイク

出典:TREK

  Émonda ALR 5
値段:189,000
コンポ:「105」

 

 さらに上のロードバイク

出典:TREK

 Émonda SL 5
値段:230,000
コンポ:「105」

 

まとめ

 ロードバイクの選び方として初心者におすすめしたいのが、

・20万前後のロードバイク

・コンポーネントが「105」

 ロードバイクに興味がない人からしたら、

「自転車に20万!?高っ」

って思うような値段ですが、僕はこれぐらいのロードバイクをおすすめします。
僕が実際、初めて買ったロードバイクは19万円でした。

 7年以上前だったので、コンポーネントは半分だけ「105」でした。
後からコンポーネントの事を詳しく知って少し残念な思いをしたことを覚えています。

・20万

・「105」

 でロードバイクを見て行っても、
まだまだ、かなりの数のロードバイクがあります。

 あとは、自分の「好み」で大丈夫です。
好きな色、デザイン、フレームの形、など、自分の好みで選びましょう。

 本屋に行けば、何百台と最新のロードバイクが載った本がありますし、
ロードバイクのショップに行けば、いろんなものが見れますので
どんなロードバイクがあるか見てみてください。

 長く付き合っていく相棒なので、
自分が本当に気に入ったものを見つけられるといいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です