4時間ぐらいの運動なら筋肉は疲れない⁉︎

みなさん体のコンディションはどうですか?

疲れが溜まって、トレーニングがちゃんとできてない、という人はいませんか?

その疲れ、何が原因か考えたことありますか?
ほとんどの人はトレーニングによって筋肉が疲れた、と思っていると思います。

でも、ジョギングや自転車を漕ぐ程度なら、筋肉はダメージを負わず、疲労の原因にはならないようです。

すべての疲労は脳が原因、という本では次のようにあります。

引用:
私たちの研究によれば、4時間、体に負荷を与える運動を続けても、実は筋肉や肝機能などにはほとんど影響しないことが分かっています。

実際に疲労している場所は自律神経をコントロールする場所、「脳の自律神経の中枢」と呼ばれる、視床下部前帯状回です。

この脳の部位に酸化ストレスが加わることで体の疲労が起こります。
さらに脳の神経細胞は新しく生まれ変わらないため、一度疲労が溜まると簡単には回復しないようです。

この脳疲労を回復するためには主に「睡眠」が大きな要因となっています。

睡眠時間には個人差があるとは思いますが、十分な質の高い睡眠を取ることが必要となります。

今回伝えたかったことは「トレーニングで疲れやすい」「体力が落ちた」「成績が向上しない」と感じている人は、身体能力が低いわけでもなく、気力ややる気が低いわけでもなく、ただ脳疲労が溜まっていることが原因かもしれない、ということです。

つまり、頑張るのではなく、休め、ということです。寝ろ、ということです。

休むこともトレーニングの一部。
多くの人のスポーツライフが充実したものになれば幸いです。