トライアスロン

トライアスロンが誕生した80年代トライアスリートの年収は?

トライアスロンのトップ選手は稼げるの?

確か、昨年2016年シーズンで、上田藍選手が年間獲得賞金1000万を超えたらしいですね。

その他、スポンサーなどからの収入はよくわかりませんが、レースの賞金だけで
ここまで稼ぐ事はかなり難しいみたいです。

そこで、トライアスロンという競技が生まれた80年代に
活躍していたトップ選手はどれぐらい稼げていたのか?
ということを紹介していきます。

トライアスロンJAPANという雑誌よると

1988年トライアスロン・オブ・ザ・イアーに選ばれた、マイク・ピッグ
レース賞金とスポンサーからの収入を併せると
40万ドル(当時約5600万円)近くになると予想されていました。

そして、多くの人が知っているマーク・アレンははっきりとは話してないようですが
年収10万~16万ドルぐらいだったとのことです。

この二人のようなトライアスリートは超飛びぬけて成績を残し、稼いでいるごく一部の

アスリートになるとは思いますが、現在ののトライアスリートからしても、かなりの金額ですよね。

ただ、サッカーや野球、ゴルフ、テニス、などのスポーツに比べると、多くのトライアスリートは
スポーツ選手としてだけで、生活していく、家族を養う、という事は難しそうですね。

こんな問題を抱えてませんか?

  • タイムが伸びずどうしていいか分からない
  • マスターズの大会で記録をもっと伸ばしたいものの
  • どうしたらいいか分からない
  • 自分の泳ぎのフォームが悪くていまいちしっくりこない
  • 子供のタイムが伸び悩んでいる
  • 子供がなかなかJOC標準記録を突破できない

間違った練習は時間がもったいないだけではありません。

間違ったフォームを体が覚えてしまい、修正する事が難しくなってしまいます。

少しでも泳ぎに悩みがあるなら、森隆弘コーチの「水泳スピードアップ!プログラム」を参考にしてみてください。


先着150名様限定で、半額の50%OFF、とのことです。
キャンペーン価格をご希望の方は、お早めにご検討ください。