体のこと

筋肉を強化するのにCBDオイルは効果があるのか!?トレーニング前後は飲むべき理由

運動してる人「海外のアスリートの間でCBDオイルが流行ってるけど、筋肉を増やす効果はないのかな?」

 

 

そんなCBDへの疑問について考えていきます。

まず、結論から言いますと、

「CBDオイル自体には筋肉を増強する効果はなさそう。」

でも、

「リラックス効果により筋肉が増強しやすい状態をキープできる」

ということです。

 

そこでCBDオイルにはどのように筋肉増強に効果があるのか?ということについて紹介していきます。

CBDには筋肉増強が期待できる

筋肉強化を目指す時、健康への意識が高いアスリートの場合、

「出来るだけ自然由来の物を取り入れたい」

「アレルギーのリスクがある食品、添加物が多いサプリメントは摂りたくない」

と考えている人もいるのではないでしょうか?

 

また、怪我や病気からのリハビリ、復帰で早く筋肉をつけたい、と考える人もいると思います。

そんな人たちにぜひ日常に取り入れてみてもらいたいと思っているのがCBDです。

 

CBDオイルについて知っている人であれば、筋肉にCBDオイル?と思うかもしれませんね。

CBDのよく聞く効果といえば、

鎮痛

抗炎症作用

リラックス効果

 

先ほども言いましたが、CBDという成分自体には筋肉を増強させる効果はないと考えられます。

いろいろとCBDの作用や効果を調べてみましたが、CBD自体が筋力をアップさせる、たんぱく質を合成させるといった情報は見つかりませんでした。

 

しかし、CBDがホルモンバランスを整えることで、たんぱく質の合成、筋肉増強が起こりやすい体調を維持できる、ということがわかりました。

 

どういうことかというと、激しいトレーニングを行うと、ストレスホルモンである「コルチゾール」というホルモンが副腎から分泌されます。

このコルチゾールの量が高い状態が体内で続くと、たんぱく質の合成を減少させてしまいます。

 

つまり、ストレスホルモンが体の中でいっぱい出っ放しになると、筋肉が作られない、ということです。

CBDにはこのストレスホルモンである「コルチゾール」を一定に保つ作用があります。

それによって、たんぱく質が合成されやすい、筋肉が作られやすい体の状態を維持できます。

激しいトレーニングをした後にCBDを摂ればコルチゾールが一定に保たれるので、筋肉の修復が早くなります。

数時間のトレーニングをする場合、練習前にCBDオイルを飲んでおけば、トレーニング中のコルチゾールを一定に保つことができ、筋肉の疲労を早めることが期待できます。

 

この場合CBDはオイルで飲むことで、数時間の持続効果があるのでおすすめです。

日常生活でのストレスを軽減し筋肉を回復

仕事や人間関係のストレスは多いですよね。

 

ストレスによってコルチゾールが分泌されていますので、トレーニング以外の時もCBDを摂り入れることで、ストレスホルモンであるコルチゾールが一定に保たれ、筋肉の修復、増強を助けてくれます。

 

ここで注意したいことは、信頼できるブランドのCBDオイルを選ぶということです。

CBDは自然由来のものですが、中には品質の悪いものやTHCという違法成分が含まれているものもあります。

 

購入される前に、ブランドのホームページをしっかり確認してください。

まとめ:CBDでは筋肉は増えないが・・・

CBDによって体のホルモンバランスを整え、体のコンディションを良い状態にキープすることができれば、トレーニングやリハビリによる怪我からの復帰や、筋力増強は早まります。

まずは、たんぱく質を多く摂ることよりも、たんぱく質を合成しやすい体調管理をしてみてもいいかもしれませんね。

こんな問題を抱えてませんか?

  • タイムが伸びずどうしていいか分からない
  • マスターズの大会で記録をもっと伸ばしたいものの
  • どうしたらいいか分からない
  • 自分の泳ぎのフォームが悪くていまいちしっくりこない
  • 子供のタイムが伸び悩んでいる
  • 子供がなかなかJOC標準記録を突破できない

間違った練習は時間がもったいないだけではありません。

間違ったフォームを体が覚えてしまい、修正する事が難しくなってしまいます。

少しでも泳ぎに悩みがあるなら、森隆弘コーチの「水泳スピードアップ!プログラム」を参考にしてみてください。


先着150名様限定で、半額の50%OFF、とのことです。
キャンペーン価格をご希望の方は、お早めにご検討ください。