宮古島トライアスロン、2017年大会について初心者に知ってほしいこと

2017年宮古島トライアスロン大会が終わりましたね。

 宮古島のトライアスロンはどうでしたか?
始めて参戦した方は、完走できましたか?
楽しめましたか?

いつか、宮古島の大会に出てみたい、思っているトライアスロン初心者の人に
大会の様子や
大会に出場しているすごい選手について
簡単に伝えていきたいと思います。

宮古島トライアスロン大会の様子

スイムは潮の流れが激しく、ランは暑くて大変なコンディションでした。

天気は晴れ。

気温 20℃~22℃

水温 22℃

風速 4.0m/s~4.8m/s

湿度 57%~73%

まず、スイムですが、潮の流れが速く
棄権者やタイムアウトで失格となった選手が100名いたそうです。

 こんな遠い南の島に来てくれたのだから、せめてバイクで
宮古島の綺麗な景色を楽しんでほしかったですね。

それと22℃という海の水温についてですが、海であまり泳いだ事がない
トライアスロン初心者の方ですと、どれくらいの冷たさかピンとこないかもしれませんね。

 水温22℃の場合
ウェットスーツを着ればまったく寒くないです。
冬でも宮古島の海で泳いでいますが、22℃という水温は
僕の場合、普通の水着のみだと50分ぐらいが限界です。
寒くて震えだします。

バイクランは少しずつ日差しが強くなってきて暑く感じたと思います。
気温はそんなに高くないんですけど、とにかく日差しが強いのが
競技中しんどいです。

レースの次の日は、みんな首や腕、ふくらはぎが日焼けして真っ赤になっています。

 2017年
完走者数は1263人
完走率は81.4%

2017年宮古島トライアスロン大会、優勝者

今回宮古島トライアスロンの優勝者について思ったことは、
キャメロン・ブラウンって誰なんだ!? と思いました。
どんな選手か知らなかったですけど、それぐらい驚いたし、彼に興味を持ちました。

 さっそく、キャメロン・ブラウン選手について、調べてみました。

Brown, Cameron選手

 44歳 45?

ニュージーランド出身

 ニュージーランドではトライアスロンのレジェンド!
まずは、最初に今回2017年の宮古島トライアスロン大会のリザルト

スイム:41分   7位
バイク:4時間5分 1位!
ラン :3時間2分 2位

総合記録
7時間49分!

1位!

 ちなみに昨年2016年に優勝した戸原選手の総合記録は

7時間52分

次に、レジェンドと言われているキャメロン・ブラウン選手の出身、
ニュージーランドではどんな成績を残してきたのか調べてみました。

 ニュージーランドで有名なトライアスロンの大会

IRONMAN New Zealand

 この大会で2016年に、なんと12回目の優勝!!

44歳にして12回目の優勝。

宮古島大会前の3月4日に行われた
2017年アイアンマンニュージーランド大会では
2位だったようですが、それでもすごい!

この12回目の優勝を飾った2016年アイアンマンニュージーランド大会の
リザルトを見てさらに驚きました。

 スイム3.9km  48分
100mあたりのペース 1分15秒

バイク180km   4時間29分
平均速度  40.1㎞/h

ラン42.2㎞   2時間44分
平均ペース   3:54/km

総合記録
8時間7分!

 この年齢でこの強さ!
自分もまだまだ速く強くなれるのでは、って思わせてくれることに
感謝、尊敬しました。

また、来年も宮古島に来てくれるといいですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
こちらを押して頂けると、ブログランキングの順位が上がります。
頑張っていい情報を提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です