マラソンやトライアスロンのためのマフェトン理論とは?

マフェトン理論とはどんな理論か知っているでしょうか?

この理論について、調べ、自分なりに理解したことを紹介していきます。

 

マフェトン理論を生み出したのは

フィリップス・マフェトン  Philip Maffetone

 

フィリップス・マフェトンって誰?

・生物学で学士号を取得

・カイロプラクターとして開業

・インターナショナル カレッジ オブ アプライドキネシオロジー 会長

・指導した選手

マーク・アレン、マイク・ピグ など

・米国トライアスリート誌のコーチ オブ ザ イヤー 選出

 

マフェトン理論とは

エアロビック(有酸素)トレーニングを行う事によって、しっかりとしエアロビック

システムを構築し、レースの成績や、競技寿命を延ばしていく事を目的としています。

 

このマフェトン理論を生み出した元となっているものは、ランニングの指導者であるアーサー・リディアードのトレーニング方法の中心となっている、ゆっくりと走るエアロビック(有酸素)トレーニングです。

このトレーニング方法を科学的に証明しようと実験を行い、その結果、マフェトン理論が考案されました。

 

このトレーニング方法を行う際、重要なことは

・最低2か月、一般的には3~4か月、エアロビックトレーニングに徹する

このときアネロビック(無酸素)トレーニングは一切行わない

 

・ハートレートモニターを使い、心拍数を正確に測定しながらトレーニングを行う

このとき「180公式」により、トレーニング強度を決定する

 

という事です。

 

なぜ3~4か月のエアロビックトレーニングが重要なのか?

・エアロビックトレーニングを長期間行う事によって、脂肪をエネルギーとして利

用できるようになります。脂肪は体に糖よりも多くあるため、長時間運動を続ける

ことが出来るようになります。

 

・エアロビック運動に必要な筋肉が発達することによって、筋肉と骨格全体のバラ

ンスが良くなり、関節への負担が少なくなります。アネロビックトレーニングも怪

我をすることなく行うことが出来る体になります。

 

・エアロビックトレーニングにより、心肺機能が強化され、全身の筋肉にスムーズ

に血液を送ることが出来るようになります。

 

・エアロビックトレーニングにより、血糖値が安定するようになります。

脳や神経は糖をエネルギーとするため、血糖値が安定する事で、精神的にも安定し

た状態を維持することが出来ます。

 

どの様にエアロビックトレーニングを行うか?

・ハートレートモニターにより心拍数を管理し、マフェトン博士が考案した

「180公式」でトレーニングを行います。

 

・「180公式」とは 180-年齢をエアロビックトレーニング中の心拍数の上

限とする方法です。

30歳の人であれば、心拍の上限が150、下限が140に設定し、その範囲の中で

ランニングなどエアロビックトレーニングを行います。

その際、継続的に良いトレーニングができ成績も向上していれば、心拍を+5拍

怪我や風邪で成績が向上せず、良いトレーニングが出来てない場合、心拍を-5拍

 

 

マフェトン理論で最も大事なこと

 

エアロビックシステムを強化している、3~4か月の期間は、先ほど設定したエア

ロビックゾーンを守るという事です。

特にエアロビックゾーンの上限を超えるような強度のトレーニングを行った場合、

強化されるのはアネロビックシステムであり、これまでに構築したエアロビックシ

ステムを台無しにしてしまう可能性があります。

 

まずはエアロビック(有酸素)システム高めるために、スピードを上げたくなる気

持ちや、他の人と競いたくなる気持ちを抑え、地道なトレーニングを3か月行う事

で、今後の競技力の向上へと繋がっていきます。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
こちらを押して頂けると、ブログランキングの順位が上がります。
頑張っていい情報を提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です