バイク

パワーメーターを持ってないなら、ローラー台を使ってパワーを確認してもいいかも

最近、室内でのローラー台を使ったロードバイクトレーニングを続けています。

やっぱり、ローラー台でのトレーニングを続けているとペダリングがスムーズになってきているような気がします。

インドアトレーニングをやっているとどうしても意識したくなることが、心拍数やパワー、ケイデンスなどのデータですよね。

そのなかでも僕が一番興味あるのがパワー、ワット数です。

でもパワーメーターって高価ですよね。僕はまだ持っていません。
そこでどうやって自分のワット数を知るか。僕が取り入れた方法は2つあります。

Zwifttかローラー台各社の負荷データを確認する

Zwiftやってますか?
バーチャルな世界でパソコンやアプリを使ってローラー台と繋ぎ、トレーニングをすることができますね。

この時、ロードバイクのサイクルコンピューターによるスピード測定によって、だいたいのワット数が表示されますね。

宮古島は雨が多いのでしばらくはZwiftをやってましたが、パソコンをいちいち起動するのが面倒でやめてしまいましたが。

もうひとつワット数を確認するために取り入れた方法が、ローラー台のメーカーのホームページにある負荷データを見る方法です。

僕の場合、MINOURAのLR760というローラー台を使っているので、MINOURAのホームページから負荷データを確認しました。


こんな感じで表になってますね。
MINOURAのローラー台を使っている方はこちらをどうぞ
MINOURA各種データダウンロード

ちなみに2017年IRONMAN World Championshipでのライオネル・サンダーズのbikeパワーは300w以上みたいですね。
気になる方はこちらのサイトもどうぞ
Power Analysis: Lionel Sanders at the 2017 IRONMAN World Championship

凄まじいパワーですね。

こんな問題を抱えてませんか?

  • タイムが伸びずどうしていいか分からない
  • マスターズの大会で記録をもっと伸ばしたいものの
  • どうしたらいいか分からない
  • 自分の泳ぎのフォームが悪くていまいちしっくりこない
  • 子供のタイムが伸び悩んでいる
  • 子供がなかなかJOC標準記録を突破できない

間違った練習は時間がもったいないだけではありません。

間違ったフォームを体が覚えてしまい、修正する事が難しくなってしまいます。

少しでも泳ぎに悩みがあるなら、森隆弘コーチの「水泳スピードアップ!プログラム」を参考にしてみてください。


先着150名様限定で、半額の50%OFF、とのことです。
キャンペーン価格をご希望の方は、お早めにご検討ください。