トライアスロンに最低限必要な物は?

トライアスロンを始めようと思った時、なかなか始めるための一歩を
踏み出せない理由に「何を揃えればいいかわからない」「お金がかかりそう」
といった事があるのではないでしょうか?

 そんな疑問にわかりやすく簡単に説明していきたいと思います。

トライアスロンに必要な物は?

 

 まず、トライアスロンに対して多くの人が「お金がかかりそう」という
イメージを持っていますよね?

 確かにトライアスロンは3種目あり、自転車など必要な道具は多くなります。
すべてをちゃんと揃えようと思えばかなりのお金がかかります。

 でも「とにかくトライアスロンを始めてみたい」「とりあえず大会に出てみたい」
ということであれば、そんなにお金をかけなくてもトライアスロンを始められるし
大会に出場することもできます。

 そのために必要な費用はだいたい25万~30万ぐらいになります。

 「とにかく大会に出れればいい」という人は、今もっているものや
レンタルを利用することで、もっともっと安く抑えることができます。

 これだけあれば大丈夫

これだけあればトライアスロンの練習もできるし、
大会にも出場できるというものは

 スイム

スイムウェア(300015000)→プールで練習するときに使用

ゴーグル(10002000)→練習やレースで使用

 スイムキャップ(9001500)→練習で使用(プールでは必ず着用)レースではレース用のキャップがもらえます                        

 ウェットスーツ(2000070000)→ほとんどの大会が着用義務です
 (レンタル4000円~)

 バイク

 ロードバイク(10万~100万円ぐらい)→おすすめは20万前後のもの
大会によってはロードバイク以外でも出場OK)

 ヘルメット(1000035000)→レースでは絶対必要です。練習でも安全のため必要

 バイクシューズ(1500040000)→自転車のペダルとシューズをくっつけます
なくても大丈夫ですが、あった方がバイクは楽です)

 サイクルコンピューター(2000円~)→走った距離やスピードがわかります
大会によっては装着義務)

 バイクウェア(400030000)→練習時に着るピタッとした服です

 サングラス(300040000)→バイクの時、風や小石から目を守ります

 ポンプ空気入れ(20005000)→ロードバイクのタイヤは空気が抜けやすいです
パンクを防ぐためまめに空気入れを)

 ラン

 ランニングシューズ(1000020000)→練習やレースで使用

 ランニングウェア(300014000)→練習で使用

 その他レースで使うもの

 ライスーツ(1000030000)→スイム中はウェットスーツの下に着て、
バイクランはこのトライスーツを着て競技をします

 ゼッケンベルト(10003000)→レースナンバーが書かれたゼッケンをこのベルトにつけてバイクランを行います

 

その他あったらよいものはたくさんありますが、とりあえず以上のものが揃えば
トライアスロンの練習やレースに出場することができます。

 こんなにいっぱいあると何から揃えればいいかわからない、と思うかもしれませんが

 

まず必要なものはロードバイク

 先ほどもいいましたが、ロードバイクがなくても今持っている自転車で出場できる場合もあります。
 ただ、せっかく始めるなら、最低限形だけでも揃えたい、という人もいると思います。

 その場合はロードバイクのお店をいろいろとまわって、
自分の好みのロードバイクを見つけるとよいです。

 ロードバイク購入までの間にスイムウェア、キャップ、ゴーグル、
ランニングシューズ、ランニングウェアを揃え、
スイム、ランの練習を始めましょう。

 トライアスロンを始める上で必要なものとしてハードルが高いものはロードバイクです。
でも、ロードバイクさえ手に入れば大会出場まだの道が近くなります。

 その他必要なものは大会までに少しずつ揃えていけば大丈夫です。
いっぺんにすべて揃えると知識や情報が増えてきた時に、あっちのほうが良かったとか
これは使いにくい、といった事がでてきます。

 大会までの準備は大変ですが、いろいろなスポーツショップに行ったり、
アイテムを探していく事はトライアスロンを始める上で
1つの楽しみでもあります。

まとめ

いかがでしたか?
トライアスロンを始めるために何から揃えればいいか、
どれくらいお金がかかるかイメージできたでしょうか?

この記事がトライアスロンを始めるきっかけの1つとなれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です