体のこと

疲労が取れない!?この症状にあてはまる人は注意!

疲労が取れない、体がだるい、どうすればいいのかわからない、ストレスの多い日常でそんな風に感じている人は多いのではないでしょうか。

まずは、自分の体の状態を確認してみましょう。
次の疲労チェックリストの症状にどれくらいあてはまるか見てみてください。

◻︎朝起きるのが辛い…
◻︎よく眠れず、朝も疲れが取れてない…
◻︎甘いものやしょっぱいものが食べたくなる…
◻︎あまり元気が出なくて、だるい…
◻︎今までできていたことが事ができなくなった…
◻︎性欲がなくなってきた…
◻︎風邪ひきやすくなった…
◻︎傷が治りにくくなった。
◻︎気分が落ち込みやすい。
◻︎楽しいことがない。
◻︎月経前症候群が悪化している(女性のみ)
◻︎コーヒーやコーラ、チョコレートを口にしないとやる気がでない
◻︎集中力が落ちた。
◻︎物忘れをすることが多くなった。
◻︎食べないとぐったりする。
◻︎イライラすることが多い。
◻︎夕食後ぐらいから少し元気になる

どうでしたか?
このチェックリストの症状に5つ以上当てはまる人は「副腎疲労」かもしれません。

副腎疲労とは?

まず副腎とは、腎臓の上に乗っかるようにある、くるみぐらいの大きさの器官です。

主な働きはホルモンを分泌すること。
例えば、アドレナリンなどですね。

この副腎は2つに分類されます。
1つはアドレナリンノルアドレナリンを分泌する副腎髄質
もう1つはコルチゾールというホルモンを分泌する副腎皮質

普段の生活の中でストレスを感じることがあると、副腎髄質からはアドレナリンが、副腎皮質からはコルチゾールが分泌されます。

すると、心拍数や血圧が上がり、ドキドキするような状態、つまり体は「戦闘モード」になります。

ここで問題なのが、「疲労が取れない」と感じている人は、ずっと「戦闘モード」「緊張状態」が続き過ぎてしまったということです。

特にコルチゾールは「ストレスホルモン」と呼ばれ、ストレスと戦いながら体を動かしてくれるホルモンです。

ストレスを対処するために力を発揮してくれるコルチゾールですが、日常生活でずっとストレスが続いていると、ずっと分泌し続けることになります。

すると、いざ頑張らなきゃ、という時にコルチゾールが出なくて「やる気がでない」「体が動かない」といった疲労を感じてしまいます。

このように副腎からストレスに対抗するホルモンがうまく出なくなった状態を副腎疲労と言います。

では、この疲れが取れてない状態、副腎疲労を放置するとどうなるのか?
いろいろな症状が出てきます。

◯糖尿病
コルチゾールが出ている状態になると、慢性的に血糖値が高くなってしまい、糖尿病を引き起こす可能性があります。

◯心臓病
コルチゾールは血管を収縮させ、血圧を上げるので、血管がダメージを受け心臓病の原因になります。

◯アレルギーの悪化
コルチゾールには炎症を抑える作用もあるため、過剰に分泌されると、免疫系も抑えられるため、アレルギーを悪化させることもあります。

◯肥満
コルチゾールには内蔵脂肪やお腹周りの脂肪を溜め込む働きがあります。

◯うつ、不眠など
ストレスに対抗するホルモンである、コルチゾールの分泌が乱れることで、体力や気力の低下、不眠やうつに似た症状が出る場合があります。

この副腎の疲労を回復させるためにはどうすればいいか?

1つは、ストレスの元となっているものから距離を置く。
もう1つは、リラックスできる時間をつくる、というとこです。

まずはストレスについて。
ストレスといってもいろいろなものがありますよね。

◯精神的ストレス
例えば、仕事上で人間関係など。

◯身体的ストレス
例えば、重労働や介護など。

◯物理的ストレス
例えば、紫外線や騒音、暑い、寒いなど。

◯化学的ストレス
例えば、ジャンクフードなどの添加物、家具などの嫌な臭い。

◯生物学的ストレス
例えば、インフルエンザや風邪など。

これらのストレスの中で増えてきているのが、精神的ストレスです。

この精神的ストレスの原因となっているものから距離を置くことが副腎を復活させるのに重要です。

でも、精神的なストレスが人間関係だとなかなか難しいですよね。仕事を辞めるわけにもいかないし、人間関係を断ち切ることも簡単にはできないです。

そこで大事なことが、先ほども言った「距離を置く」という考え方です。

1日の中で、1週間の中で、少しでもストレスとなっているものから「距離を置く」時間をつくって、リラックスできる時間をつくると良いです。

リラックスする方法は何でも良いです。読書でもジョギングでもヨガでも。

最後に

リラックスする方法で僕のおすすめはジョギングピラティスCBDオイルです。
CBDオイルはリラックスするのにおすすめのサプリメントで、寝る前によく飲んでいます。

鍼灸師として、整体師として、疲れきっている人の体に毎日触れています。

眠れない、体全身がだるい、そんな人が本当に多いです。
筋肉もガチガチ、ストレスで副腎を酷使してるんだろうな、とよく感じます。

「疲労が取れない」と感じている人はまずストレスから少しでも「距離を置き」、「リラックスできる時間」をつくってみてください。