アイアンマン・ハワイで6回目優勝した男

ハワイで開催されるアイアンマン・トライアスロン・ワールドチャンピョンシップ。

1987年10月10日、第11回目の大会で優勝したのは

デイブ・スコット

当時、33歳。

この時で、6回目の優勝!

総合タイムは8時間34分

スイム3.8km:50分

バイク180.2km:4時間53分

ラン42.195km:2時間49分

この年はかなりの逆風が吹き荒れたようで、その中でも、このタイムでバイクを走り切っています。

ちなみに、2016年の優勝者

Frodeno, Jan

総合タイムは8時間06分

スイム:48分

バイク:4時間29分

ラン :2時間45分

その年のハワイ、コナのコンディションによって、レースは変わってくると思いますが、
単純にレースタイムだけを見てみると、アイアンマントライアスロンの競技レベルは
上がってきていると言えます。

そして、ついでに言うと

1987年のハワイ・アイアンマン大会の2位は

マークアレン。

この時、29歳。

総合タイムは8時間45分。

なかなか、デイブ・スコットに勝てなかったみたいですね。

1987年の大会の時点で
9時間を切ることが出来る選手は、4人だけだったようです。

今では、ハワイアイアンマンで、8時間を切るか!?ってところまできています。

ロングのトライアスロンが発展していくためにも、どんどん競技レベルが向上していくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です