アンチエイジング

トレーニング後のリカバリーにCBDがおすすめな3つの理由

日々のトレーニングで酷使された体。あなたは普段、自分の体のケア、回復を意識していますか?

トレーニング後、体を回復させるためにどのようなことをやっていますか?

何かリカバリーのためのトレーニング後のルーチンはありますか?

バリバリ毎日トレーニングをやっている人に多いのは「自分はケガをほとんどしたことが無いから大丈夫」と言って、特に体の回復に目を向けないことです。

質の高い強度なトレーニングでは、筋肉の微損傷炎症は避けては通れません。

その状態を軽視していると、ケガをしてしまったり、もしくは筋肉が発達せずにパフォーマンスが向上しない、といったことが起こり始めます。

そうならないためにも、早めに自分の体に注意を払い、ハードなトレーニング後の回復方法を考えてルーチンとしていくべきです。

そこで回復のためにどのような方法を取り入れ行くべきか?
いろいろあると思います。

マッサージ、ストレッチ、温泉、睡眠、プロテイン、サプリメントなど。

今回はトレーニング後に栄養機能食品やサプリメントを取り入れている人に、ぜひ知っておくべきサプリメントについて書いていきます。

CBDはリカバリーにおすすめ

ハードなトレーニングを頑張っているアスリートにおすすめなサプリメント、CBD。
トレーニング後の回復のルーチンとしてCBDを選ぶべき3つの理由があります。

 

まず、CBDとは大麻植物から抽出されるカンナビノイドの1つです。

カンナビノイドには100以上の種類があります。

CBDは元々体の中にあるカンナビノイドシステムと連携し、様々な病気や慢性疾患に効果があると考えられています

鎮痛作用・抗炎症作用

このCBDオイルをハードなトレーニング後に飲む利点は、1つ目は痛みや炎症を調整する、というものです。

トレーニング後は筋肉や腱、靭帯にたとえ痛みがなくても微小の損傷が起こります。
その微損傷により炎症が起こります。

この炎症がすぐに収まり、筋肉などが修復されていけば良いですが、繰り返しのトレーニングにより、炎症が起きっぱなしなっている人が多くいます。

それが、筋肉の張り感、痛みなどに繋がっていきます。

この炎症をトレーニング後素早く鎮めていくためにも、CBDは効果的だと言えます。

ホルモンの調整

2つ目の利点はストレスホルモンを調整するということです。

ストレスホルモンとは副腎から分泌される「コルチゾール」のことです。

このコルチゾールがいっぱい出過ぎるとたんぱく質が筋肉へ合成されにくくなります。

つまり、ハードなトレーニングや日々のストレスで、体の中にストレスホルモンが溜まっていると、プロテインや肉を食べても、筋肉になりにくくなる、ということです。

CBDによって、このトレーニング後コルチゾール量を調整することで、たんぱく質を合成し筋肉を修復、回復しやすくします。

リラックス効果が高い

そして、最後にアスリートにとって最も重要なものは睡眠です。
睡眠中に傷ついた筋肉の修復や回復が行われます。

また、しっかり脳を休めることによって技術の習得やパフォーマンスの向上にも繋がります。

3つ目のの利点は質の高い睡眠をサポートしてくれる、ということです。

睡眠に関するCBDの特徴は、1つは先ほどのコルチゾールを調整するというもの。もう1つはリラックス効果があるということです。

トレーニング以外の普段の生活の中で、様々なストレスがありますよね。

それによってストレスホルモン、コルチゾールが分泌され、夜のスムーズな睡眠を妨げてしまいます。

CBDをトレーニング後、そして睡眠前に飲む事によって、コルチゾールを調整し、リラックスして眠ることができ、効果的に体を回復させることができます。

最後に

CBDは2018年1月に世界アンチ・ドーピング機関で禁止薬物から除外されています

しかし、THCという成分は禁止薬物となっています。

日本で販売されているCBDオイルには微量のTHCが含まれている粗悪な製品もありますので、CBDオイルを選ばれる際は注意してください。

CBDは日々ハードなトレーニングを頑張っているアスリート、毎日のスポーツを楽しみたい愛好家にとって、痛みや炎症の抑制、筋肉の回復・成長、睡眠のサポートに最適なサプリメントです。
ぜひ、試してみてください。