9時間切りをデイブ・スコットが達成した年

アイアンマントライアスロン。

ハワイ、コナで行われるこの大会について、興味ある記事を見つけたので紹介していきます。

1984年のアイアンマントライアスロン・ワールドチャンピオンシップ

 

もちろん距離は

水泳3.9㎞

自転車180.2㎞

マラソン42.195㎞

この1984年は8回目のアイアンマントライアスロン・ハワイワールドチャンピオンです。

優勝者は?

この年の優勝者はデイブ・スコット。
記録は8時間54分!

このアイアンマントライアスロン・ハワイワールドチャンピオンシップで
はじめて、9時間切りをデイブ・スコットが達成しました。

そして、ゴールした時にデイブ・スコットは
「最後のアイアンマンレースで新記録を出せてうれしい」と言っています。

引退宣言をこの年にしてたんですね。
「きついよ。このコースはたくさんだ」とのこと。

やはり、伝説、超人、などと言われる、デイブ・スコットでも
アイアンマントライアスロンは「もうたくさんだ。」というほどきつい競技なんですね。

ただ実際、引退したのは、まだ先になります。
一時競技から離れましたが
1994年40歳の時に競技に復帰し、
アイアンマントライアスロン・ハワイワールドチャンピオンシップで2位の成績を収めています。

日本人の参加者

こんな過酷な競技ですが、1984年のアイアンマントライアスロン・ハワイワールド
チャンピオンシップ、30年以上の昔の大会にもかかわらず71人の日本人が出場していたそうです。
(全参加者数は1031人)

まとめ

1984年にデイブ・スコットが9時間を切って
今は、アイアンマントライアスロン・ハワイワールドチャンピオンシップで
8時間を切るか?というところまできているようですね。

2016年の記録は
Frodeno, Jan  00:48:02 04:29:00 02:45:34 08:06:30
スイム:48分
バイク:4時間29分
ラン:2時間45分
総合タイム:8時間6分

ずいぶんタイムは速くなっていますね。
その中でもやはりバイクのタイムが向上しているようです。

今後、トライアスロンはどのように発展していくのか、
人はトライスロンでどこまで速く強くなっていくのか、楽しみです。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
こちらを押して頂けると、ブログランキングの順位が上がります。
頑張っていい情報を提供していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です