トライアスロン

9時間切りをデイブ・スコットが達成した年

アイアンマントライアスロン。

ハワイ、コナで行われるこの大会について、興味ある記事を見つけたので紹介していきます。

1984年のアイアンマントライアスロン・ワールドチャンピオンシップ

 

もちろん距離は

水泳3.9㎞

自転車180.2㎞

マラソン42.195㎞

この1984年は8回目のアイアンマントライアスロン・ハワイワールドチャンピオンです。

優勝者は?

この年の優勝者はデイブ・スコット。
記録は8時間54分!

このアイアンマントライアスロン・ハワイワールドチャンピオンシップで
はじめて、9時間切りをデイブ・スコットが達成しました。

そして、ゴールした時にデイブ・スコットは
「最後のアイアンマンレースで新記録を出せてうれしい」と言っています。

引退宣言をこの年にしてたんですね。
「きついよ。このコースはたくさんだ」とのこと。

やはり、伝説、超人、などと言われる、デイブ・スコットでも
アイアンマントライアスロンは「もうたくさんだ。」というほどきつい競技なんですね。

ただ実際、引退したのは、まだ先になります。
一時競技から離れましたが
1994年40歳の時に競技に復帰し、
アイアンマントライアスロン・ハワイワールドチャンピオンシップで2位の成績を収めています。

日本人の参加者

こんな過酷な競技ですが、1984年のアイアンマントライアスロン・ハワイワールド
チャンピオンシップ、30年以上の昔の大会にもかかわらず71人の日本人が出場していたそうです。
(全参加者数は1031人)

まとめ

1984年にデイブ・スコットが9時間を切って
今は、アイアンマントライアスロン・ハワイワールドチャンピオンシップで
8時間を切るか?というところまできているようですね。

2016年の記録は
Frodeno, Jan  00:48:02 04:29:00 02:45:34 08:06:30
スイム:48分
バイク:4時間29分
ラン:2時間45分
総合タイム:8時間6分

ずいぶんタイムは速くなっていますね。
その中でもやはりバイクのタイムが向上しているようです。

今後、トライアスロンはどのように発展していくのか、
人はトライスロンでどこまで速く強くなっていくのか、楽しみです。

こんな問題を抱えてませんか?

  • タイムが伸びずどうしていいか分からない
  • マスターズの大会で記録をもっと伸ばしたいものの
  • どうしたらいいか分からない
  • 自分の泳ぎのフォームが悪くていまいちしっくりこない
  • 子供のタイムが伸び悩んでいる
  • 子供がなかなかJOC標準記録を突破できない

間違った練習は時間がもったいないだけではありません。

間違ったフォームを体が覚えてしまい、修正する事が難しくなってしまいます。

少しでも泳ぎに悩みがあるなら、森隆弘コーチの「水泳スピードアップ!プログラム」を参考にしてみてください。


先着150名様限定で、半額の50%OFF、とのことです。
キャンペーン価格をご希望の方は、お早めにご検討ください。