【練習日記】強風の中バイクライド。下ハンドルフォームだとそこまで空気抵抗が小さくならない!?

台風も近づいてきて、風がかなり強くなってきている宮古島です。

風速10mの風が吹き荒れていて、バイク練習は全然進まなくて、久しぶりにモチベーションが低下しました。
ずーっと、ゆるい坂道を上っているような感覚。

バイク

ラン

ランは少しペースを上げ気味で走ったけどそこまで心拍数は上がらず、疲労もそこまで大きくない感じでした。

けど、バイクが行きも帰りも風がしんどくAve24km/h以下という結果に。。

もう少しDHバーポジションを維持できれば速度も上がったと思うのですが、横風や突風が強く下ハンドルでのバイクライドになりました。

そこで今日気になったことは、下ハンドルフォームとDHバーフォームでどれくらい抵抗が違うのだろうか?ということです。

ロードバイクライディング強化本」という雑誌では

ブラケットフォームを基準とすると
下ハンドルフォームでは空気抵抗がー4%
DHバーフォームではー24%
とあります。

意外と下ハンドルをもってもそこまで空気抵抗は小さくならないんですね。
やっぱり楽に速くなりたいなら、DHバーでのポジション、フォームに慣れていく必要がありそうです。

 

ちゃちゃ
人気記事ランキングも見てね