トライアスロンが速くなるために必要な持久力とは?

持久力とは何か?

持久力とは、一定の強度の運動をどれだけ長く続けられるか、という能力です。

持久力が高ければ、疲労せずに長時間運動を続けることができ、運動後の疲労からの回復も高くなります。

60秒以上運動を持続する競技にとって持久力はパフォーマンスを向上させるために必要な能力であると言えます。

それでは、持久力について詳しく説明していく。

 

持久力を決める要因

では、どのような体の機能や能力が、持久力(体を長時間動かし続ける能力)となるのでしょうか?

次の4つの機能、能力が考えられます。

・有酸素性能力

・無酸素性能力

・CNS(中枢神経系)

・意志力

これらによって、長時間動き続けられる能力が決まってきます。

 

有酸素性能力とは、有酸素性のエネルギーにより体を動かしつ続ける能力

つまり酸素を利用してATP(筋肉を動かすエネルギー)を作りだすシステムです。

この酸素が十分に足りている状態(呼吸がゼイゼイ、ハァハァしてない状態)で長時間動き続けられる能力になります。

酸素が足りている強度の運動では、エネルギーを作る過程での乳酸の蓄積は最小限に抑えられます。

しゃべりながら走るぐらいのスピードであれば、乳酸も溜まりづらく、次の日の疲労や筋肉痛も少なくなると考えられます。

 

無酸素性能力とは、酸素が足りなくなるような強度で、運動を続ける能力です

酸素が足りない苦しい状態で運動を続けるためには、酸素なしで筋肉を動かすエネルギーを作らなければなりません。

その方法は、筋肉内に元々あるエネルギーを使う

炭水化物を消化してできたブドウ糖を使う

筋肉中や肝臓の中に蓄えているグリコーゲンを使う

ということになります。

ただ、どの方法も蓄えが少ないので、エネルギーとして使ってしまうとすぐになくなってしまいます。

しかも酸素なしでエネルギーを作ると乳酸も一緒に作られて、体の中に溜まっていってしまい、長時間動き続けることが難しくなってきます。

 

意志力

運動を長時間続けるということは、どんなにトレーニングを積んでいても、苦痛や疲労を感じるものです。自分の持っている体の機能を最大限に発揮するためには、意志力が大きな要因となります。

CNS

CNSとは,Central nervous system,中枢神経のことです。

中枢神経とは、脳や脊髄のことであり、脳や脊髄からの指令がうまく機能することによって、神経と筋肉を強調させ、体を最適に動かす事ができます。

疲労により、神経と筋肉の協調性が低下し、発揮できるパワーも低下するため、CNSは持久力を決める1つの要因となります。

 

 

持久力を向上させる

今回は有酸素性持久力の向上方法ついて紹介していきます。

・トレーニングの強度は最大速度の70%より低く

・1回のトレーニング時間は1時間から2時間半、中断せずに運動を続ける

・その際の心拍数は毎分150~170拍内にとどめる

・ただ、毎分100拍以上に上げる程度のトレーニングでも有酸素性持久力は向上すると考えるコーチもいます。

 

持久力改善のための詳しいトレーニング方法は、また改めて詳しく紹介していきたいと思います。

トライアスリートにとってもっとも必要な能力である、持久力とは何か、という事を簡単にでも理解しておく事で、トレーニングの目的や効果も違ったものになってきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です